食歴⑨過ちは繰り返す -レコーディング&カロリー計算-

posted in: 過去の酷い食歴 | 0

生活改善を思い立って最初にやったのは、

・何を食べたか記録すること=レコーディング
・カロリー計算

でした。

王道ですね。

抜いていた朝ごはんも食べるようにして、毎日味噌汁を食べるようにしました。

 

カロリー計算

一日のカロリー上限

一日の記録をしていく上で、まず一日どのくらいカロリーをとるべきか?を考えました。

基準になるのはやはり基礎代謝です。

私の基礎代謝は1,100kcal。
運動をしていない日の一日の消費カロリーは1,500kcalくらいと推定されます。(基礎代謝×1.4)

絶対的に痩せよう!と思っていたわけではありませんが、生活改善に際して欲が出てちょっとだけ一日の消費カロリーを下回るようにしようと思いました。

なので、1,300-1,400kcalを一日のカロリー上限にしました。

 

この頃の食事

この頃の食事例


朝ごはん。ヨーグルトと味噌汁、野菜ジュース。300kcal以内。

昼ごはん。玄米入りご飯にサラダか味噌汁、肉か魚。400~500kal。


夜ご飯。お酒を飲むのでつまみ兼。実際はもっと量食べてる。400~500kcal。

 

ストレスがすごい

このカロリー制限、思ったよりきつかった。

3食に慣れてないから食事の配分がすごく難しい
・栄養バランスを考えるとなおさら難しい
・結局夜に飲んでしまうので、そこに備えて日中の摂取カロリーをセーブしようとする
・食べてはいけないと思うあまりにストレスになる

厳しくやらなきゃ!と思うからカロリーは低くするけど、栄養を取らなきゃ!と思うと動物性たんぱく質なんかはどうしてもカロリーが高くてためらってしまう。

満足していないけど「これだけカロリーとったから」と食事を終える。
→すぐにお腹が空く。

お酒を飲まない日を作らないとな、と思いながら、これも習慣でやめられなかった。

食べようとすると変な汗が出るというか、ストイックにやろうとするとカリカリしちゃって、お腹のあたりがキューっとする。

これまでよりは確実にまともな食生活をしているので、その部分では満足していて、
「慣れたらきっと大丈夫!」と言い聞かせるんだけどなんかしんどかった。

この時期に、外食する予定があったんだけど「絶対いっぱい食べるんだな」と思うともうストレスで。
美味しいけどどこか楽しめていない感じでした。

 

朝ごはんを食べたら運動に変化が

朝ごはんを食べ始めると、コアトレーニングのときにちょっとした変化がありました。

コアトレーニングのときは心拍数を測りながらやるんだけど、この心拍数がこれまでの1.52くらいになった。

私は元々低血圧で脈も遅いから諦めてたけど、これにはテンション上がりました。
心拍数が上がると、消費カロリーがかなり違ってくる。

この時に叩き出した一回の消費カロリーが今まででベストの記録になりました。

 

結論:カロリー制限はストレスとの戦い

今思えば私がこれまでに何度か挫折してきたのも、この手の「食べない」ダイエットでした。

これはもはや生活改善ではなく、短期的にどうにか痩せようとする悪あがき。
お菓子の試作が入ったら簡単にカロリーオーバーしてしまうし。

ストレスなく続けられる方法とは程遠い。

開始三日目くらいで、「これは無理じゃないか?」「結局同じこと繰り返してるような」と気付く結果になりました。

 

Follow 山本 蓮理:

「夢見菓子」オーナー/2級フードアナリスト。 自身の生活改善から糖質制限を知り、実践。 夜に食べても太らない、低糖質&グルテンフリーの焼き菓子を研究することを決意する。 アルコール入り大人の焼き菓子ブランド「夢見菓子」にて販売中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です