フードアナリスト2級&製菓衛生師試験を終えて。

「夢見菓子」というネット販売の焼き菓子屋さんを一人で営みつつ、フードアナリストとして食の情報提供を行なっている山本蓮理です。

今回は、私の新しい決断を書きたいと思います。

 

製菓衛生師試験とフードアナリスト2級試験

実は今日、製菓衛生師の国家試験を受けてきました。
製菓衛生師ってなに?という方は、調理師の、焼き菓子&パンバージョンだと思ってくださいね。
おそらく、及第点だったのではないかと思っています。(合格発表は7/19です)

先月はフードアナリスト2級を受け、合格通知をいただきました。

 

製菓衛生師とフードアナリスト2級が、上半期の大きな目標だったので、今はとても安心しています。 

フードアナリスト2級は年明けから、製菓衛生師は4月くらいから勉強してきました。
焼き菓子屋として開業し、フードライターなどのお仕事をする中で、専門学校や店での修行経験のない自分には圧倒的に知識が足りていないと思うことが増え、一度基礎から勉強してみたいと思い、受験は昨年から決めていました。 

 

勉強して考えた「お菓子と栄養」のこと

 

勉強を始めて本当に短期間で、私の食に対する価値観はガラリと変わりました。

私が今まで知っていたのは、お菓子って美味しい!お菓子作り楽しい!というのがほとんど全てでした。

だけど、製菓衛生師も、フードアナリストも、お菓子にとどまらず食の広い範囲を勉強します。
それはすればするほど、思っていたより私には過酷な世界でした。

 

何が過酷だったかというと、特に栄養についての範囲です。

 

勉強すればするほど、お菓子って栄養価が高いものとは真逆の位置にあるんです。

 

私は、一人暮らしを始め、更に焼き菓子屋になってからというもの、どこか自分の栄養を犠牲にしてお菓子作りをしてきたところがありました。
それは30代になった今、常に心に燻り続ける関心ごとであり、だけど心から楽しめるお菓子屋さんという仕事も自分にとってかけがえのないもので、この板挟みに苦しんでいました。

 

苦しんでいたんだな、というのは、本当に勉強してから気付いたことです。目を背けてきたというのが正しい表現かも知れません。

具体的な私のひどい生活については後々書き記したいと思いますが、勉強していく上で「これではいけない」という思いが飽和点まで達しました。

 

生活改善から起きた革命的変化

 

そこで、ついに生活改善に踏み切ることになりました。

ここからはもう、正直勉強よりも生活改善に夢中。

 

経過はこんな感じでした。

せっかく生活改善するならもう少し体もすっきりしたい!と、カロリー制限も同時に始める。

常にイライラしてしまい、早々に挫折。

糖質制限の存在を知って実行。
カロリー制限で避けていた動物性たんぱく質を積極的に摂り、三食をきっちり食べる生活になる。

予想以上に体と生活に合う。

緩い糖質制限と共に、低糖質スイーツの開発を始める。

体的にも精神的にも最高に幸せな状態になる。

夢見菓子で「夜に食べても太らない大人の低糖質スイーツ」開発をしていくことを決意。

今ここ

 

5月の半ばくらいに始めたのでまだまだ日は浅いのですが、本当に運命的なくらいこの研究を続けたら自分も周りに幸せになれるのではないか?と感じています。

自分の自信のなさから始めた試験勉強が、私を新しい世界に導いてくれました。

これからどうなっていくのかは分かりません。
でも、本当にわくわくしています。

これからは研究を続けつつ、せっかくなので自分の変化と、低糖質スイーツ開発について感じたこと、夢見菓子の今後について考えたことをちゃんとまとめていきたいと思っています。

低糖質スイーツ研究家の山本蓮理と、新しい夢見菓子もどうぞよろしくお願いいたします。

Follow 山本 蓮理:

「夢見菓子」オーナー/2級フードアナリスト。 自身の生活改善から糖質制限を知り、実践。 夜に食べても太らない、低糖質&グルテンフリーの焼き菓子を研究することを決意する。 アルコール入り大人の焼き菓子ブランド「夢見菓子」にて販売中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です